So-net無料ブログ作成
検索選択
前の12件 | -

腕の長さ確定 [イベント]

wf2103.jpg
本申請用に組んだ試作1号によって腕の長さが確定したので腕を仕上げていきます。

これは上腕パーツです。
長さを確定し、エッジを面取りし、ヒジ関節パーツを接着しました。
ヒジ関節部分のパーティングライン消しは手間がかかるのでその必要の無い片面型で量産する予定です。

wf2104.jpg
上腕パーツの面取りに合わせて肩パーツも面取りしました。

wf2105.jpg
腕パーツにはヒジ関節パーツの凹パーツを埋め込み。

wf2106.jpg
組み合わせたらこんな感じ。

ヒジ関節 [イベント]

wf2099.jpg
「本申請も乗り切ったし今月いっぱいはのんびりプラモでも作ろうかな」
などと思ったのですがそんな事をしてるからまたギリギリになってしまうと気付いたのでもう再開です。
感心ですね。

というわけでモーターツール旋盤でヒジ関節を作りました。
ケガキ針で1本スジ彫りを入れてそのスジにディバイダをあてて等間隔のスジ彫りを入れていきました。

wf2100.jpg
ヒジ関節パーツに合わせてヒジ関節パーツのはまるパーツを作りました。

wf2101.jpg
組み合わせたらこんな感じ。

wf2102.jpg
フリーポーズ式で曲げられます。

本申請完了 [イベント]

wf2098.jpg
夏のワンフェスの本申請完了しました。
去年のターミネーターポリスのギリギリっぷりが酷すぎたせいか、
今年はかなりゆとりのあるギリギリっぷりに感じました。(←そうは言ってもギリギリはギリギリ)
OKをいただけるよう祈りつつ、精度を上げていこうと思います。

 [イベント]

wf2093.jpg
腕です。
手首につながる円柱状パーツがはまる部分を彫りました。

wf2094.jpg
モーターツール旋盤で手首につながる円柱状パーツを作りました。

wf2095.jpg
組み合わせたらこんな感じ。

wf2096.jpg
モーターツール旋盤で手首に埋め込む関節パーツを作りました。

wf2097.jpg
組み合わせたらこんな感じ。

腹部前面の段になった部分 [イベント]

wf2090.jpg
腹部前面の段になった部分用に盛ってたパテです。

wf2091.jpg
形を出して腹部に接着。

wf2092.jpg
きれいに仕上げました。

腕の形出し [イベント]

wf2078.jpg
肩です。
これから丸みをつけていきます。

wf2079.jpg
上面と下面に目安の線引き。

wf2080.jpg
ゆるやかなカーブをつけました。

wf2081.jpg
次は上下を削って丸みをつけます。

wf2082.jpg
再び上面と下面に目安の線引き。

wf2083.jpg
上下を削って丸みをつけました。

wf2084.jpg
側面の4面完了。

wf2085.jpg
上面に丸みをつける目安の線引き。

wf2086.jpg
上面にも丸みをつけました。

これだけ丸みをつけていてもレジンキャスト化すると収縮してただの立方体に近くなるのが悲しいところです。
でも、逆に言うとただの平面のままだとレジンキャスト化による収縮で面が凹んでしまうので必要な手順と言えます。

wf2087.jpg
同様の手順で上腕にも丸みをつけました。

wf2088.jpg
組み合わせたらこんな感じ。
大きさは見切り発車的な面もあるのでちょっと不安です。

wf2089.jpg
続けて腕にも丸みをつけました。

ROBOT魂 YMS-09 プロトタイプ・ドム ver.A.N.I.M.E. [模型]

gp047.jpg
ROBOT魂のプロトタイプ・ドムです。
今回もすばらしい出来です。

gp048.jpg
後ろ側。

gp049.jpg
ジムキャノンも発表されたし、たぶんトロピカルドムも出るだろうから今後のROBOT魂も期待してます。

胴と腰とモモのすり合わせ [イベント]

wf2071.jpg
モモです。
ヒザ関節パーツがはまる部分を彫りました。

wf2072.jpg
メンタムを塗ってヒザ関節パーツ用のパテ盛り。
パテが硬化したら1度剥がし、すぐ元の場所に戻して完全硬化させます。

wf2073.jpg
下から見た胴です。
腰パーツがはまる部分をすり合わせながらおおまかに彫りました。

wf2074.jpg
下から見た腰です。
ここもモモとすり合わせながら彫りました。

wf2075.jpg
胴と腰を組み合わせたらこんな感じ。
マスキングテープはエッジの保護のために貼ってます。

wf2076.jpg
腰と組み合わせたらモモが長すぎだと気付いたので真ん中あたりをのこぎりで切って短縮しました。
いつものパテを挟んでムギュだとずれるので瞬間接着剤で接着してます。

wf2077.jpg
クララが立ったよ。

胴と頭 [イベント]

wf2065.jpg
胸部パーツと腹部パーツを接着したスキマを埋めてきれいに仕上げたのでモールドを彫ります。
まずは目安の線引き。

wf2066.jpg
デザインナイフで彫って、スジ彫りも加えました。

wf2067.jpg
腹部前面の段になった部分を作るべくメンタムを塗ってパテ盛り。
パテが硬化したら1度剥がし、すぐ元の場所に戻して完全硬化させます。

wf2068.jpg
胴の形がほぼ確定したので胴に乗せバランスを見ながら頭も形を仕上げていきます。
あまり似ていなかったのでキャノピー部分にパテを盛ってみたらいい感じ。

wf2069.jpg
デザインナイフでおおまかな形出し。
かわいらしさが出てきました。

wf2070.jpg
修整のパテを盛って完全硬化待ち。

頭部と胴と腰 [イベント]

wf2064.jpg
頭部と胸部と腹部と腰の続きのタイトルを「その〇」と付けると決めたのに胸部と腹部を接着して胴になったため、
頭部と胴と腰というタイトルで再スタートです。
頭部の精度の向上、胴の胸部と腹部のフィット感の調整、腰のさらなる小型化でだいぶ進みました。

ちなみに350g→215g→192gと減ってきた頭部&胴は157gまで減りました。

足首関節 [イベント]

wf2060.jpg
足のパーツがそろってきたので足首関節を作ります。
上面をいつもの足首関節同様に半円状に削りました。

wf2061.jpg
横から見るとわかりやすいです。

wf2062.jpg
スネ側には半球を接着。

wf2063.jpg
いつものフリーポーズ関節です。
傾かせられる角度がちょっと足りないような気もするけど、
大股開きで立たせるメカじゃないから大丈夫な気もする。

モモとヒザ [イベント]

wf2054.jpg
モモです。

wf2055.jpg
ヒザ関節部分の切り欠きを作る目安の線引き。

wf2056.jpg
モーターツールで大まかに削ってヤスリで仕上げました。

wf2057.jpg
形状修整と面取りをしました。

wf2058.jpg
モモがほぼ完成したのでそれに合わせてヒザも形を出しました。

wf2059.jpg
気泡埋め中のモモを乗っけてみたらこんな感じ。
前の12件 | -