So-net無料ブログ作成
前の12件 | -

胴と腹部 [イベント]

wf2265.jpg
胴です。
のこぎりで切って幅詰めして、形を調整して、再びのこぎりで切って幅詰めしました。

wf2266.jpg
腹部です。
こちらものこぎりで切って幅詰めして、形を調整して、再びのこぎりで切って幅詰めしました。

wf2267.jpg
組み合わせたらこんな感じ。
ようやくポリパテを削る勘を取り戻してきた感じです。
コメント(0) 

胴と腹部と腰 [イベント]

wf2261.jpg
胴です。

wf2262.jpg
腹部です。

wf2263.jpg
腰です。

wf2264.jpg
組み合わせたらこんな感じ。
キュービトロンはガシガシ削る作業がはかどります。
コメント(0) 

11月になったので [イベント]

11月になったので来年の夏のワンフェスを目指すメカを本格始動しようと思います。
感心ですね。
新作を2つ作る予定ですがAとかBとか付けるのはやはりグチャグチャになるので、
ブログでは作りかけの方ではなくゼロから作る方をアップしていこうと思います。

でもまずは撮影がしやすいように撮影ブースに積んでるプラモを減らさなきゃいけない。
コメント(0) 

ザンザ・ウィーゴ完成 [模型]

ide127.jpg
ザンザ・ウィーゴ完成しました。
ドグ・ウィーゴの後くらいから作りはじめてたのでようやく完成といった感じです。
ブッシュマンでウェザリングとマーキング、マイティマウス号でさらなるウェザリングときたので、
今回はきれいな塗装というテーマでしたがほこりをかんでたりスミ入れが残ったりとちょっと失敗です。
でも気に入ったからいいのだ。

ide128.jpg
後ろ側。

ide129.jpg
「並べてみたら赤色が足りないなぁ」と思ったけど赤は巨神じゃないの恐ろしい…
コメント(0) 

ヤムチャのマイティマウス号完成 [模型]

gp053.jpg
というわけで完成編です。
ブッシュマンの塗装から完成までが28日でこちらは4日ですが、
ウェザリングの雰囲気というかオーラはこっちの方が上のような気がします。
なんかくやしいです。

gp054.jpg
ウェザリング中にタイヤが割れたので目立たないであろう後輪の上に割れた部分を配置しました。

gp055.jpg
スコップや斧をファレホ系の塗料で塗装したり泥はねを表現したり新しい事に挑戦できたので良かった良かった。

ブッシュマンでマーキングやハゲチョロ塗装を思う存分やり、
マイティマウス号でブッシュマンでやれなかったヘアスプレー法と泥はねをやったので、
次はウィーゴをきれいに仕上げようと思います。
コメント(0) 

ヤムチャのマイティマウス号 [模型]

gp050.jpg
ヤムチャのマイティマウス号を作ったのでまずは手を加えた部分について書きますの巻。

ライトカバーはグリルから切り離してライト側に接着しました。
プーアルのシートも削り落としました。

gp051.jpg
穴の開いた部分をプラ板でふさぎました。

gp052.jpg
プラ板だけで埋めるつもりが削り落とし方が雑でガタガタになったためポリパテを使ってしまい心が少々凹む…
コメント(0) 

ブッシュマン完成 [ブッシュマン]

wf2257.jpg
予定では8月中に完成させるつもりが9月末までかかってしまいましたがブッシュマン完成です。
泥はねとかもっとウェザリングをやりたかったけどイラストに準ずるという目的を逸脱しないよう自制しました。
えらいですね。
アグレッサー機としてダグラムカラーで塗装されたブッシュマンとかやってみたいプランもありますが、
ブッシュマンはおなかいっぱいなので今は作ろうとか考えられません。

wf2258.jpg
後ろ側。

wf2259.jpg
作る前はけっこう不安だったキャノピーもハイグレード模型用セメダインできれいにくっつきました。
キャノピーをマスキングテープで仮止めしてスキマにハイグレード模型用セメダインを爪楊枝ですり込み一晩置き、
(はみ出した部分は水を含ませた綿棒で拭い取りました)
マスキングテープを慎重に剥がしその部分にハイグレード模型用セメダインを爪楊枝ですり込み接着しました。

wf2260.jpg
ワンフェス時の完成見本と。
微妙なポーズの差ですがかなり良くなったと思います。

来年のワンフェスにはギリギリになったりせずエレガントに参加できるよう10月から原型作りを再開させます。
合間にプラモを作りつつ。
コメント(0) 

ブッシュマンの組み立て [ブッシュマン]

wf2251.jpg
左が本申請時に組んだ試作1号で右がワンフェスに持って行った完成見本です。
完成見本を組み立てた時に「あれ?試作1号の方がカッコイイ気がする」と思ってたのですが、
そのまま並べる事無く別々の場所に保管してたのをようやく並べる事ができました。

wf2252.jpg
そして気付いたのがふんぞり返る度合いの違いです。
試作1号の方がえらそうな態度です。

wf2253.jpg
股関節を下から見たらよくわかります。
試作1号が股間中央の切り欠き部分のマックスまで反っているのに対して完成見本は少し余裕があります。
この微妙な差がカッコ良さの差になってました。
というわけで今回は試作1号を参考に組み立てます。

wf2254.jpg
まずいつものように足首をマスキングテープで回転台に固定します。
万一マスキングテープでウェザリングが剥がれてもダメージが少ないように最小限で貼りました。
ちなみに足首前内側の角と角の間隔は60mmです。

wf2255.jpg
こちらは足首後ろ外側の角と角の間隔は73.5mmです。

wf2256.jpg
まず股関節をエポキシ接着剤で接着し、次に足首とスネを接着という順番で組み立てます。
コメント(0) 

ブッシュマンのウェザリングの続き [ブッシュマン]

wf2244.jpg
ヒザ関節パーツです。
ピグメント(MIGプロダクションのヨーロッパダスト)をアクリル溶剤で溶いて塗りたくりました。

wf2245.jpg
乾燥後に筆でゴシゴシこすり落としました。

最初、AKインタラクティブのヨーロピアンアースでやったらほとんど落ちて失敗しました。
粒子が大きいため失敗したと考えて粒子の細かいMIGプロダクションのヨーロッパダストを使いました。
しかしMIGプロダクションのヨーロッパダストは逆に粒子が細かすぎて落とすのに苦労したので見極めが難しいです。

wf2246.jpg
ヒザ関節パーツのウェザリングと統一感を持たせるために周辺にもピグメントでのウェザリングを施します。
上記の2種に加えてAMMOのRubbleをランダムにまぶしました。

wf2247.jpg
筆でターペンタインを浸して軽く定着させます。

wf2248.jpg
乾燥したら筆や化粧用スポンジでぼかします。
不自然なところは再度筆でピグメントをこすり付けました。

wf2249.jpg
足首のウェザリングです。
予備のパーツで泥はねとか練習してみたのですがうまくいかなかったので結局このようになりました。
でもまあまあ良い感じです。

手順は以下の通りです。
まずMr.ウェザリングカラーのグレイッシュブラウンをドライブラシしました。
イマイチパッとしなかったのでサンディウォッシュをそのままの濃度でパーツ下部をメインにエアブラシで吹き、
専用溶剤を含ませた筆を上下にサッサッサッと動かしてスジを付けて、
再びサンディウォッシュをそのままの濃度でエアブラシで吹いてスジをマイルドにし、
グレイッシュブラウンをそのままの濃度でエアブラシで吹いて少し変化を付けました。

wf2250.jpg
せっかくまあまあうまくいったウェザリングですが練習に使ったパーツでテストしてみたら、
マスキングテープで剥がれてしまう事がわかりました。
私は組み立ての際にまず足首をマスキングテープで回転台に固定するのでこれは大問題です。
というわけでつや消しクリアーでコートしました。
微妙な色合いは薄れてしまいましたが許容範囲です。

まだピグメントでのウェザリングが残っていますがそれは組み立ててから施します。
泥はねをやってみたい気持ちもまだ残ってるのでそれも組み立ててから考えます。
コメント(0) 

ブッシュマンのウェザリング [ブッシュマン]

wf2239.jpg
46番クリアーでデカールとスミ入れを保護する層を作り、
スーパークリアー缶スプレーの光沢を吹きデカールの段差をマイルドにし、
スーパーフラットコートでつやを消すという手順を経てドットウォッシングに進みます。

wf2238.jpg
今回使ったのはこの4色。
いつもならバーントシェンナを使うところをブッシュマンは茶色なのでセピアにしました。

wf2240.jpg
ターペンタインを含ませた筆で伸ばしました。

wf2241.jpg
ドットウォッシングを乾燥させたらハゲチョロ塗装に進みます。
いつもならタミヤエナメルのチタンシルバーを使うのですが、
今回は上にエナメル系のウェザリングを重ねるのでハンブロールで調色した銀を使います。
ハンブロールは完全に乾燥させるとエナメル系溶剤で溶けなくなります。

wf2242.jpg
ハゲチョロ塗装で銀色になってしまったスミ入れをコピックモデラーの0.02mmで塗って黒くしました。

wf2243.jpg
ウィンターストレーキンググライムを線状に塗ってターペンタインを含ませた筆で伸ばすウェザリングを施しました。
コメント(0) 

ふくらはぎのラインとヒザの白枠 [ブッシュマン]

wf2229.jpg
ふくらはぎに白のラインデカールを貼ります。

wf2230.jpg
ディバイダで位置を確認したりいろんな角度から見てズレがないように反対側にも貼りました。
ここで一晩乾燥させます。
マークセッターを使って貼っているので乾燥するとガッチリ貼り付き、少々のシワも目立たなくなります。

wf2231.jpg
太いラインの上に細いラインデカールを貼りました。
はみ出したデカールはデザインナイフで切ってマスキングテープをはがして取り除きました。

wf2232.jpg
同様に下にも。

wf2233.jpg
いい感じになってくれました。

wf2234.jpg
ヒザの白枠を作っていきます。
まず細いラインデカールを貼ります。

wf2235.jpg
下にもう1本貼ります。

wf2236.jpg
続いて縦に2本。

wf2237.jpg
角に細切れのラインデカールを貼って白枠完成。
コメント(0) 

足首の矢印や肩アーマーの黄色いマーキング [ブッシュマン]

wf2220.jpg
どうやるか悩んでた足首の矢印や肩アーマーの黄色いマーキングがわりとサクッとできたのでアップするよの巻。

カッティングマットにマスキングテープを3枚重ね貼りしました。

wf2221.jpg
デザインナイフで矢印の形に切りました。

wf2222.jpg
ホワイトデカールにマスキングテープを貼ります。

wf2223.jpg
0.3mmくらい余白をとって切り出します。

wf2224.jpg
こちらは肩アーマーの黄色いマーキングです。
ホワイトデカールを切り出しました。

wf2225.jpg
エアブラシでオレンジイエローを吹きました。

wf2226.jpg
ピンセットで慎重にマスキングテープを剥がしました。

wf2227.jpg
足首に矢印を貼りました。
思ったよりうまくいってラッキー。

wf2228.jpg
肩アーマーにも。
コメント(0) 
前の12件 | -